1. わたしが受けたIT系の職業訓練の内容

STEP4.職業訓練を受けてみた結果

STEP4 職業訓練を受けてみた結果

職業訓練を受けてみた結果

この章では実際に私が受けた訓練の内容や、職業訓練が終わったあとの話を紹介していきます。

まず職業訓練を申し込む当時のわたしの背景をご紹介させていただくと、

・大学を卒業後、約4年間事務職として勤務

・自己都合で退職し、1年間の空白期間があったあとに職業訓練と給付金の存在を知り、受けてみることを決意

・Word、Excelについては事務職で使っていたが、サイト制作などの経験はなかった

・IT系の業界に行きたいと考えていたが、訓練を決めるまでCSS(ホームページの文字の大きさや色を変えたりするための言語)の言葉すら知らなかった

以上のように「少しパソコンは使えるけど本格的なことはしたことがない」というレベルでした。

そんな私が職業訓練に通って何を学んだのか、何ができるようになったのかをご紹介していきます。

1. わたしが受けたIT系の職業訓練の内容

私が受講したのはIT系の実践コースで、Web系プログラミングを中心に学習するカリキュラムでした。訓練期間は5か月ほどだったので、授業内容はかなり充実していたように思います。

ではどのような授業を受けたのか具体的に紹介していきます。

Web系

  Webサイトの制作

ホームページを作るための言語であるHTMLと、その装飾を行うための言語のCSSを学びながらWebサイトを作成しました。

最初のころは参考書に書いてあるソースを打ち込んでいき、画面にどのように変化があらわれるかを確認する作業を行いました。

徐々に作業内容がレベルアップしていき、最終的には与えられたテーマに従って自分でサイトをデザインし、デザインした通りのサイトを作成するというカリキュラムでした。

授業を受けることで、簡単なサイトであれば自分で作り上げてネットにアップする程度の力と、レスポンシブデザイン(画面のサイズによってサイトの大きさを自動変更する)を身につけることができました。

ちなみにこのサイトも授業で学んだことを使って作成しているので、このレベルのホームページであれば確実に作ることができるようになります

  サイトに動きをつける方法(JavaScriptの基礎)

主にjQuery(ホームページの画面上の文字やアイテムを手軽に動かせる機能)の使い方を学びました。

便利なプラグインとその使い方を教えてもらえるので、サイトに動きをつけたりなどの幅を広げることができます。

  CMSサイトの構築(WordPressの使い方)

今話題のWordPressの始め方や投稿画面の編集など、基本的な使い方を学びました。ある程度学習が進んだあとにはHTMLで作ったサイトをWordPress化する作業を行いました。

WordPressのダウンロードから始まり、投稿方法や各ページでの表示方法などを学ぶことができます。

  グラフィックソフトの使い方

画像補正の方法やパスの使い方などグラフィックソフトの基本的な技術を学ぶことができました。

私はこれまでWindowsのペイントしか使ったことがなかったので、この授業で学んだ内容は目からうろこものばかりでした。

プログラミング

  iOSアプリの開発(Objective-C、Swiftを使用)

はじめにプログラミング言語の基本的な文法(if文やfor文など)を学びました。その後Xcodeを利用して20を超えるアプリケーションを作成しました。

これまでプログラミングは経験したことがなかったのですが、初歩的なことから教えてもらえるので、復習さえしっかりしていれば授業についていくことができました。

この授業のおかげで簡易電卓アプリや紙芝居アプリなどの簡単なアプリケーションを作成する力を身につけることができました。

  Androidアプリの開発(Java)

iOSの授業で作成したアプリをAndroid Studioを利用してJava言語を用いて作り替える作業を行いました。

  Java言語を使ったアプリケーションの開発

参考書を教科書にして、Javaの基本的な使い方を学んでいきます。

クラスの定義やメソッドの使い方、オブジェクト指向などを初心者にもわかりやすく教えてもらうことができました。

Java言語はシステム開発の場で広く使われており、大規模開発に向いているので、就職する上で最も役に立つプログラミング言語でした。

  データベース構築

コマンドプロンプト(Macではターミナル)を利用してデータベースの概念や考え方を学び、自分でもデータベースの構築などを行いました。

データの打ち込みとその確認作業の繰り返しなので、人によっては「何が面白いの…」とうんざりしている人もいました。個人的には「コンピュータを扱っている」という実感を持てる授業だったので楽しかったです。(飽きるまでは…)

まとめ

少しパソコンを使えるのであれば授業についていける

Web系に通うと自分でデザインしたホームページを作れるようになる

プログラミングは覚えることが多いので、予習復習が大切

TOP